KOTEのブログ

そろそろ会社辞めて独立すべし!と強く思う今日この頃。趣味のマラソンとキャンプのことを中心にたまに息子のことも書いていきます。

ソロキャン3回目!初の雨&雹、そして最低気温は-4度!【青野原野呂ロッジキャンプ場】

f:id:kotetsu5050y:20220321214004j:plain

 

こんにちは。KOTE(こて)です。

 

ソロキャン3回目、行ってきました。

 

場所は前回と一緒で青野原野呂ロッジキャンプ場です。

 

2月20日(日)、21日(月)の一泊二日です。

 

事前の天気予報ではこの日は曇り後晴れの予想でした。

 

いつもは国道246号から国道16号に入るパターンで行ってましたが、過去2回は2回とも渋滞に巻き込まれたので、今回は鶴巻街道を使って国道16号の淵野辺のあたりに出るルートを使いました。

 

これは正解でした。

 

片側一車線の道なのでスピードは出せませんが、渋滞はないのでのんびり行っても時間が計算できます。

 

3回目にして初めてチェックインの時間通り13時に到着しました。

 

雨→雹→晴れ→虹

 

早速設営です。

設営完了と同時に早速一杯始めます。

f:id:kotetsu5050y:20220321220322j:plain

 

と同時に雨が降ってきました。

 

雨はやがて雹に変わり、30分ぐらい降ったあとにやみました。

動画を撮っていたのですが、ブログへの載せ方が分かりませんので載せられません(T_T)

止んだあとには太陽が出て、少し虹も出ました。

 

f:id:kotetsu5050y:20220321220624j:plain

 

肉を食らう

 

さて宴です。

私は料理は出来ませんので、基本「焼く」か「煮る」しか出来ません。

で、これになります。

 

f:id:kotetsu5050y:20220321220845j:plain

 

洗いものが面倒なので、汚れないようにアルミホイルを敷いて焼いてます。

 

だいぶ暗くなってきました。

ランタンを灯します。

 

f:id:kotetsu5050y:20220321221055j:plain

 

寒いので焚火もガンガン燃やします。

薪は持参したものもありあましたが、野呂ロッジさんでも2束買いました。

針葉樹と広葉樹1束ずつです。

針葉樹は800円、広葉樹は1200円でした。

 

今回の区画は1番です。

f:id:kotetsu5050y:20220321221514j:plain

 

いつかのBE-PALの付録だったチャムスもこんな感じになりました。

ソロ用の焚火台ってことですが、小さすぎて実用的ではないので中にロゴスのキャンドルランタンを入れてみました。

本来の使い方とは違うと思うけどなんかいい感じです。

 

f:id:kotetsu5050y:20220321221820j:plain

 

この日は本当に寒く、夜の19時の時点で既に氷点下になりました。

あまりの寒さに早々に引き上げ、テントの中でお籠りキャンプすることにしました。

 

寒さ対策

 

暖をとるためのギアはこれだけ。

前回も登場したコールマンのヒーターアタッチメントです。

私の場合はSOTOのST330につけて使用しています。

問題なく使用できていますが、コールマンが推奨しているのはコールマンのシングルコンロになりますのでご使用の際は自己責任で十分注意して使用して下さい。

 

f:id:kotetsu5050y:20220321222955j:plain

 

前回は前室のところに置いて使用したのですが、効果がイマイチでしたので今回は寝室の中に入れてみました。

 

すると効果は覿面でした。

 

f:id:kotetsu5050y:20220321223325j:plain

 

↑の写真のように、外気温が0.5℃で幕内は23.4℃となってます。

結構あっという間に気温が上がります。

ちゃんと一酸化炭素チェッカーも使ってます。

念には念を入れてこれとは別にもう1個、合計2個使用しています。

 

さて夜もどんどん更けていきます。

この日はテント内でお籠りしながら一杯飲みつつ動画を見て楽しんでました。

お酒飲んでますので、どうしてもトイレに行きたくなります。

夜中のトイレって怖いですよね。

でもこのキャンプ場は大丈夫。

真夜中でも炊事場は電気が煌々とついてます。

トイレはこのすぐ隣です。

 

f:id:kotetsu5050y:20220321224644j:plain

 

ではおやすみなさい。

 

💤💤💤

 

おはようございます!

朝になりました。

 

f:id:kotetsu5050y:20220321225041j:plain

 

外気温-3.5℃、幕内は0.3℃になってますね。

寒いです。

でもぐっすり寝れました。

今回も前回同様、コットの上に銀マット、シュラフ、シュラフの中の下側に電気毛布、上側にはベンチコート、さらにシュラフの上にブランケットをかけてました。

万全の体制です。

ポータブルバッテリーはJackeryの中の最小の240を使用してますので、毛布以外にはなるべく使わないようにしてました。

 

毛布は本当は「強」で使用したいところですが、バッテリーの消費具合が気になりますので「中」で使用します。

 

朝の時点でバッテリー残量は30%ほどでした。

やはり結構消費します。

でも色々な動画では電気毛布を使用するならこの240ではなくもっと容量の大きいものを勧めているものが多いですが、一応一泊ぐらいなら問題なく使用できそうです。

 

寒さは全く感じませんでした。

 

 

今回活躍したギアたちは大体こんな感じのラインアップでしょうか。

 

では外に出て早速焚火です。

なんせ寒いです。

まだ太陽も出てません。

 

寒さが分かる写真を何枚か。

 

f:id:kotetsu5050y:20220321230508j:plain

 

これは車の屋根ですね。

全面凍ってしまいました。

 

水たまりも凍ってます。

f:id:kotetsu5050y:20220321230608j:plain

 

私が子供の頃の冬は今では信じられないぐらい寒くて、通学路ではしょっちゅうこんな凍った水たまりがありました。

 

今は温暖化のせいもあるのでしょうか。

真冬でもまず見ることはなくなりましたね。

 

さて、やっと朝日が差し込んできました。

周囲を山で囲まれているので、朝日が入るのが遅いです。

 

f:id:kotetsu5050y:20220321231205j:plain

 

f:id:kotetsu5050y:20220321231217j:plain

 

太陽の光が差し込んだら、周囲の氷の世界が一気に溶け出します。

やはり太陽の力は偉大です。

 

火の始末に使うかも思って念の為にバケツに水を汲んで置いておきましたが、水面が凍ってこんな感じになりました。

 

f:id:kotetsu5050y:20220321231048j:plain

 

そしてモニュメントふうにしてみました。

 

f:id:kotetsu5050y:20220321231324j:plain

 

温度計でみたところ、昨夜の最低気温は-4℃でした🥶

 

キャンプ場基本情報

  • キャンプ場:青野原野呂ロッジキャンプ場
  • 住所:神奈川県相模原市緑区青野原931
  • 電話:090-4825-5111
  • 料金:2,200円(ソロ、日曜月曜の一泊二日、車1台、区画内であればテントもタープもOK)
  • 薪:針葉樹800円、広葉樹1,200円
  • トイレ:管理棟のすぐそばに男性用、女性用、兼用があったと思います。洋式です。トイレの他にコインシャワーもあります。

 

前回はトイレの写真を撮るのを忘れてましたので、今回は載せておきます。

 

f:id:kotetsu5050y:20220321231754j:plain

 

f:id:kotetsu5050y:20220321231831j:plain

 

f:id:kotetsu5050y:20220321231844j:plain

 

あと受付のときにもらう場内の案内図です。

 

f:id:kotetsu5050y:20220321232101j:plain

 

こちらは利用案内とか注意事項です。

 

f:id:kotetsu5050y:20220321232257j:plain

 

さて、撤収です。

朝の野呂ロッジキャンプ場はこんなにきれいです。

 

f:id:kotetsu5050y:20220321232414j:plain

 

 

私のソロキャン経験3回のうちの2回をここで過ごしているわけですが、このキャンプ場は既に大好きになってしまってます。

 

すごく雰囲気の良いキャンプ場です。

 

家からの移動距離、移動時間、キャンプ場の雰囲気、費用、スタッフの方々の対応、キャンパーさん達の数、キャンパーさん達の質など、どれをとっても良いです。

 

キャンパーさん達の数はほど良い感じです。

多すぎず少なすぎず。

私が日曜月曜で行っているということもあるかもしれません。

今のところ夜中まで騒いでいる人とか見たことありません。

皆節度を持って気持ちよくキャンプ場を使わせてもらってる感じです。

 

私は居酒屋さんなんかでも色々なお店に行くのではなく、気に入ったお店に何度も足を運ぶというスタイルです。

 

このキャンプ場にもこの先も何度も来ることになると思います。

 

では!

 

f:id:kotetsu5050y:20220321233138j:plain